フラワーアレンジで癒しのひとときを過ごしませんか?

アジサイ

アジサイ

アジサイを使ったアレンジです。

花材はこちら
画像の説明 画像の説明

横長のウッドボックスにそれぞれの完成でアレンジ。
偶然にもベロニカが同じ位置に同じように入っていますね(^^)

画像の説明

アジサイも本当にたくさんの品種が出ていて
お花屋さんで「こんなのが!?」と驚いたことがある方も少なく無いはず。
ご自宅のお庭で育てている方も多いですね。
共通しておっしゃるのは 「切り花にして花瓶に挿すとすぐにしおれる!」

そう、そのままだと水が非常に上がりにくいんです。
ですので、しっかり水揚げしましょう。
「ミョウバン」で水溶液を作ったり、水切りした際、スポンジのような白い部分と取り除き
カットしたステム(茎)部分に刷り込むなど。
燃焼法と言う方法もあります。
また、庭で栽培中のアジサイは古い枝から切って使いましょう。
新しい緑の枝は水が上がりにくいです。
などなど、ちょっとの手間や気を付けるだけで
綺麗なアジサイを長く楽しむことが出来ますよ。

だんだん花持ちが悪くなる季節になってきましたが、
それぞれのお花に合う水揚げを行い、少しでも長く綺麗な姿を愛でたいものですね。

コメント


認証コード6707

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional